わたしの水彩スケッチ日本紀行

水彩スケッチ、読書、そしてのんびり思索の旅

花の旅

ショウガ(ショウガ科)

2019年8月11日 日本列島では紀元前の弥生時代から文字が使用されていた、と今日のNHKテレビが報じています。日本で文字が使われた(文字記録が残された)のは5世紀の古墳時代と高校では習いました。それが、九州北部の弥生時代の遺跡から発掘された…

ヒペリカム・アンドロサエマム(オトギリソウ科)

2019年8月10日 テレビのニュースによると、今日はお盆の帰省ラッシュのピークだそうです。外は猛烈な暑さです。近くの野菜販売所に行くと、岡山の桃を買い求める人で混んでいました。野菜・果物コーナーの横の切り花コーナーに、見たことのない珍しい…

ハナゾノツクバネウツギ(アベリア)

2019年8月7日 我が家の表のフェンスに植えているハナゾノツクバネウツギ(アベリア)を描きました。公園や街路樹の下植によく使われている落葉低木です。小さい白い花が沢山つきます。花が落ちやすいので毎朝の掃除が大変。今日のスケッチ1時間ほどの…

コナラ

2015年 12月2日 庭に植えているコナラの小さな枝をハサミで切って、褐色に紅葉した葉をスケッチしました。コナラは山に普通に生えている落葉樹です。最も一般的な用途が薪炭ということで、本当にどこにでもある「雑木」なのでしょうが、うちではこれ…

カボチャ描く 8.31 野菜の日

2015年8月31日 朝から雨が降ったりやんだり。秋雨前線が停滞しているそうです。気温も少し下がってしのぎやすい一日です。雨がやんだのを見計らって近所の農産物販売所まで歩いて散歩に行きました。今日は8・31の語呂合わせで「野菜の日」だそうで…

金モクセイと銀モクセイ (モクセイ科)      (水彩スケッチ)

2013年10月 銀モクセイの木 金モクセイと銀モクセイ(別名モクセイ) は、いわば花木の中のきんさん・ぎんさんです。よく似た木で、花の色が違うだけで、花が無い時期にはどちらがどちらかよく分からないぐらい、木の雰囲気が似ています。「木の姉妹」という感…

春が来て 会えたね 今年も この場所で (ソメイヨシノ開花 色鉛筆スケッチ)

2013年3月 また花の季節がめぐってきました。3月の桜は、待ちに待った春の訪れを告げる花である一方で、学校や職場での親しい友達や仲間との別れを告げる花でもあります。卒業式や送別会の後、ちょっと淋しくて感傷的な気分になり、落ち込んでしまうのがこの…

ようやく春が来たようです。    パンジーの花

2013年3月2日 ことしは寒さの厳しい冬でした。3月になり、ようやく春の暖かさが感じられるようになりました。本日、瀬戸内地方は晴れ。最高気温8度。昨日は春一番が吹きました。部屋の窓から外を見ると、青空にところどころ白い雲が浮かび、暖かい朝の光が近…

君、やさしいね。    椿の花。

春は近いけれど、まだ2月。 寒いです。 最近は 田舎でも 落葉焚きなどしなくなりましたね。 落葉焚きといえば、有名な「たきび」の歌を思い出します。椿とサザンカは親戚のような関係の植物で、桜とともに日本を代表する花木です。花の少ない寒い季節に、明…

君、あかるいね。     菜の花。

もう、近くの畑に菜の花が咲いています。春の田園風景をぱっと明るくしてくれる花です。 菜の花に、モンシロチョウがとぶ、そんな本格的な春は、もうすぐそこまできています。 菜の花畑に 入日薄れ 見わたす山の端(は) 霞(かすみ)ふかし 春風そよ吹く 空を見…

君、かわいいね。    シクラメンの花。

冬の窓辺に明るく咲く花。首をかしげた姿が、かわいいね。 小椋 佳の「シクラメンのかほり」をつい口ずさんでしまいます。 真綿色したシクラメンほど清しいものはない 出逢いの時の君のようです ためらいがちにかけた言葉に 驚いたようにふりむく君に 季節が…

貰われていく私のスケッチ

2012年7月 明日、私が描いた植物スケッチが、乳ガンで闘病生活をしている女性のもとに貰われていくことになりました。この方は家内の親しい友達の一人で、毎年、年賀状にプリントする私の描いた植物画を楽しみにしておられ、いつも大事に部屋の壁に貼ってく…