わたしの水彩スケッチと読書の旅

水彩スケッチ、読書、そしてのんびり思索の旅

ビワを収穫しました

2021年6月12日

 

f:id:yaswatercolor:20210612182247j:plain


 

今日の午後から2、3日雨が続きそうなので、午前中にビワの実を全て収穫しました。これまでも時々収穫して食後に食べたり、近所に差し上げたりしていましたが、もうかなり熟れて糖度が高くなったので、これ以上置いておけないと思い収穫しました。びわの木は大きく根を張って家を傾かせるので庭に植えてはいけないと昔から言われているようですが、我が家はそんなのお構いなしで苗を買ってきて庭に定植。その結果、今では相当大きな木になりました。これ以上大きくなるとやはりちょっと心配なので、梅雨があけたら植木屋さんに頼んで剪定してもらうつもりです。しかし、ビワの木は本当に世話のいらない果樹です。

 

ビワの木というと、私が4、5際の頃(昭和20年代後半)、当時住んでいた鳥取市湯所町の家の裏庭にあったビワの木を思いだします。父の会社勤めの関係で小さな古い木造2階建ての2軒長屋の社宅に住んでいたのですが、裏の畑が結構広くて、父が中心になって野菜や花を育てていました。父は園芸が大好きな人で、全て自力で畑を整備。戦後すぐの食糧難の時代だったので、野菜は近所の人と一緒に自給できるようにしていたのだと思います。当時コメは配給制で、配給通帳を米屋さんに持っていってコメをもらっていました。その裏の畑の一番奥のすみに大きなビワの木があって、初夏に実が実りました。しかし、なぜかその頃ビワの実を取って食べたという記憶がありません。隣家の庭とのはっきりとした境がなかったので、ひょっとしたら隣の家の木だったのかもしれません。

 

そのビワの木の横を通り抜けるとすぐ向こうに幅が1mほどの小川が流れていました。当時は小さな魚があちこちすばしこく泳いでいて、私や近所の子供達は川に入ってその魚をすくうのに夢中になりました。小さな魚はよく土管(多分各家庭の雨水や生活排水管)の中に逃げ込むので、それを捕まえようと必死になりました。運良く捕まえた小さな魚の放つ川魚臭い匂いが忘れられません。その小川の向こうにはやっと人が行き違えるぐらいの細い道と、その道に面して建つひと並びの住宅を隔てて、久松山(きゅうしょうざん:鳥取城のある山)が迫っていました。湯所町というのは久松山の山裾に開けた静かな町でした。カエルやヘビやカラスなどの鳥やその他の多くの昆虫の他に、目立った動物はいませんでしたが、私にとってはまさに「兎追いしかの山、小鮒釣りしかの川」の歌そのままの場所でした(この「ふるさと」を作曲した岡野貞一は鳥取市の出身です)。戦後すぐの鳥取大火で鳥取市街だけでなく久松山の松林も大きく焼失してしまっていたので、その山の姿を元に戻そうと、当時は盛んに松の植林が行われていました。友達と山に入って、間違って植えられたばかりの松の苗をひきぬいてしまい、植林の若い人に叱られた記憶があります。

 

そんな思い出があったせいか、30年前に家を買った時に狭い庭にビワの木の苗を植えました。その後、木はどんどん成長し実をつけ始めました。剪定のぐあいなのか、実がよくなる年とならない年があります。今年は大豊作でした。しかし、今年は小鳥がまったくビワを食べに来ませんでした。これがちょっと不思議です。いつもだとヒヨドリが決まってビワを食べてしまい、半分欠けたような実がたくさん見られるのですが、今年は全く鳥の害なし。それはそれで寂しいし、ちょっと不安です。何か環境異変(地球温暖化など)の影響でなければいいのですが。今日は大きな実を4つ5つ、小鳥のために残しておきました。

 

 

ラベンダーの挿し芽(さしめ)をしました

2021年6月11日

 

f:id:yaswatercolor:20210611175721j:plain

ラベンダー


 

ラベンダーの挿し芽に初挑戦しました。植物は種をまいて育てるのも楽しいですが、挿し木や挿し芽という増やし方もあります。実はあまりやったことがなかったので、今回ラベンダーでやってみました。ラベンダーは我が家の北側の狭い場所にこじんまりと育っています。普段は水も肥料も何もやらずに放ったらかしなのですが、今の時期に開花すると、やはり季節感があってうれしくなります。今年は様々な花の種を植えてみて、ラベンダーの香りの威力を痛感しました。というのは、ヒマワリやアサガオなどが発芽すると、せっかく出てきたその子葉を夜間に無残にもナメクジに食べられたりします。しかし、ラベンダーの花、茎、葉をちぎって鉢の中や周りに置いておくと、ナメクジが寄って来ませんでした。ラベンダーの匂いが嫌いなのです。素晴らしい効果です。それで、害虫から植物を守るためにこのラベンダーをもっと庭のあちこちに鉢で増やしてみようという気になりました。

 

ハーブは多くのものが独特の香りを出して虫除けに効きます(葉や花をこすると香りがでます)。そして料理に使われるハーブもたくさんあります。NHKテキスト『趣味の園芸』(2021年4月号)にハーブの特集が出ていて、それに刺激されました。狭い庭ですが、鉢にいろいろとハーブを寄せ植えしてみるのも楽しそうです。

 

 

yaswatercolor.hatenablog.com

 

 

今日はまず、ラベンダーの花つきの茎を10本ほど切って用意しました。花の部分はハサミで切って除き、その下の10cmぐらいの部分を使いました。土にさす茎の下の部分は斜めに切って吸水面積を大きくします。葉が多いと、蒸散で水を消費して土がすぐに乾くので、余分な葉は取り除きます。それを1〜2時間水につけて吸水させます。

 

f:id:yaswatercolor:20210611175911j:plain

ラベンダーを切り取る

 

f:id:yaswatercolor:20210611180013j:plain

花を除く。下の部分の余分な葉を取る。水にしばらくつける。


 

一方で、ポットに細かい赤玉土を入れ、上から水を与えて十分湿らせておきます。挿し芽には赤玉土のような肥料分がなく水はけと水持ちのバランスのよい土を使います。割り箸で土に穴を開け、そこに準備したラベンダーの茎を挿して、周りを指でやさしく抑えて固定します。これで2,3週間すれば発根するはずです。うまく根が出たら、それを今度は培養土の入った鉢に移植します。

 

f:id:yaswatercolor:20210611180508j:plain

赤玉土をポットにいれて水を与える。

f:id:yaswatercolor:20210611180606j:plain

ポットの赤玉土にラベンダーの茎を挿す。



 

ここで言葉の解説です。

挿し木:木本植物(木)の場合に使います。

挿し芽:草本植物(草花)の場合に使います。どちらも作業は同じです。

挿し穂:挿す枝のことを挿し穂と言います。(住友化学園芸のホームページより)

 

 

ミニトマトのおかか炒め

2021年6月10日

 

f:id:yaswatercolor:20210610182655j:plain


 

夏の三大野菜といえば、トマト、キュウリ、ナスでしょうか。あとピーマンもよく出回ります。トマトは冷やして切って食べる、キュウリも細く切って食べる、ナスは油で炒めて食べる、という具合に、いたってシンプルな食べ方にこれまで慣れてきましたが、トマトについては先日作った焼きトマト(牛肉の甘辛炒め焼きトマトのせ)でガーンと頭を一発殴られたような衝撃を受けました。トマトって、焼けばこんなにおいしいんだ!!

 

yaswatercolor.hatenablog.com

 

 

今日はその焼きトマトのさらにシンプルなバージョン。ミニトマトを焼きます。ミニトマトって何となく付け足しのような感じで、そのまま食べてもあまり迫力ないし、どうってことない味ですが、今日のおかか炒めは、まあ付け足しには変わりないけれど、強く主張する付け足し料理です。NHKテキスト『きょうの料理ビギナーズ』(2021年6月号)を見て作りました。

 

yaswatercolor.hatenablog.com

 

 

ミニトマトは一人あたり3,4個分のへたを取ります(今日使ったのは先のとがったミニトマト)。フライパンにオリーブオイルを適量中火で熱し、ミニトマトを30秒ほど炒めます。この時油が細かく飛び跳ねますからご注意。皮がはじけたら削り節を加えてからめ、酒大さじ1をふります。しょうゆ小さじ1を加えて弱火で全体にからめて出来上がり。

 

こんな10分たらずで出来る簡単な料理でうーんとうなるおいしさ。忙しい時や、何か1品足らない時におすすめです。今日はメインに丸ごとピーマンの肉詰めを作りました。これも気に入って何度もリピートしています。

 

yaswatercolor.hatenablog.com

 

 

 

作りやすさ★★★

栄養価★★(単品ではこの評価)

美味しさ★★★

材料費★★★

 

豆苗と豚肉の炒め物

2021年6月9日

 

f:id:yaswatercolor:20210609184927j:plain

 

今日は豆苗(とうみょう)と豚肉の炒め物を作りました。豆苗はえんどうまめ(グリーンピース)の若葉です。豆苗の存在を知ったのはそんなに昔ではありません。スーパーの野菜売り場の片隅に、どちらかというとひっそりと並んでいる、そんなイメージです。青野菜がない時に、時々買ったりしますが、それほど熱狂的なファンではありません。この豆苗、安価でオールシーズン手に入る野菜。昔は中華の高級食材だったそうです。ちょっと歯ごたえがありすぎるのが難点ですが、栄養価に富み、調理した時の緑色の美しさは印象的です。NHKテキスト『きょうの料理ビギナーズ』(2021年6月号)を見て作りました。

 

 

yaswatercolor.hatenablog.com

 

 

豆苗(1袋)は根の部分を除き、食べやすいように、長さの半分、それをさらに半分に切ります。赤とうがらしは斜め半分に切り、種を除きます。豚バラ肉は食べやすい大きさにちぎります。

 

フライパンにサラダオイルを入れて強火で豆苗を1〜2分炒めます。さらに柔らかくするために、水大さじ1を入れてふたをして中火で30秒ほど蒸しゆでにし、適当な容器に取り出します。

 

フライパンをペーパータオルできれいにし、豚バラ肉、赤とうがらしを入れて炒めます。肉の色が変わったら酒大さじ1をふります。砂糖小さじ1/2、しょうゆ大さじ11/2、こしょう少々を加えて混ぜ、豆苗を戻して入れて、全体を炒めます。

 

食べてみると、予想できた味とはいえ、やはりおいしい。材料費が安く、栄養価が高く、このおいしさ。豆苗を見直す必要がありそうです。他にも豆苗を使った調理がこのテキストに紹介してあるので、試してみたいと思いました。

 

作りやすさ★★★

栄養価★★★

美味しさ★★★

材料費★★★

 

こんな本読んだことありますか? 『子どもの貧困 — 日本の不公平を考える』(阿部 彩著、岩波新書)

2021年6月8日

 

f:id:yaswatercolor:20210608163818j:plain

 

 

日本の貧困問題は今や無視して通り過ぎることが出来ない問題です。その中でも特に厳しいのが子どもの貧困問題です。本書は子どもの貧困問題を問う研究をリードする著者が、その研究の内容をわかりやすいかたちで公開し、解説するという内容です。読むのにある程度時間がかかりますが、とても参考になりました。著者の論理の展開はおおむね理解できて、途中で投げ出したくなるような難しいものではなく、むしろもっと先を読みたいと思わせてくれる内容でした。

 

本書は単なる貧困問題の解説書ではありません。中身は子どもの貧困に関する具体的な統計データの連続で、まさに研究書です。国際的なデータの比較が多く示されています。最初戸惑う読者もいるかもしれませんが、これは自然科学の研究などでは当たり前のやり方です。つまりデータ中心主義です。データをじっくり解説して、それから次に進む。この繰り返しです。読者は、したがって、途中で分からなくなっても、そのまま先に進まないで、納得の行くまでデータの意味を考えなければなりません。一つ一つのデータをみて理解できると、何となく「あー、分かった」という、中学・高校で数学や理科の問題集の問題を解けた時のような快感に襲われます。それで一つ一つ章を読み終わるごとに、理解できた快感と、理解の結果分かった現実の厳しさに対する憂慮の気持ちが混じり合います。

 

子どもの貧困問題はここまできているのか、と認識を新たにします。この本のデータを見ながらいつも私が考えていたのは、自分の子供時代のことです。戦後の貧しい混乱期に生まれた私達(団塊の世代)でしたが、それほど貧困は意識しませんでした。ほとんどの国民が貧しかったせいでしょうか。それから小学校の高学年になる辺りから、各家庭の経済格差を意識し始めました。裕福な家庭の子(私ではありません)ほど勉強もよくできると何となく感じました。中学時代は、田舎の中学でしたが、家庭環境の違いで学力に差がでることをもっとリアルに感じました。ある程度経済的にゆとりがあると、塾に通わせてもらうのが普通でした。その結果、成績に差ができて、どの高校へ行くのかが自ずと決まりました。高校になるともう塾に行くのが当たり前でした。あの昭和30年代でも、子供を塾にやる十分な経済力がない家庭では、大学進学はかなり難しかったと思います。

 

現実に今の日本で何が起きているのか。予想通り、母子世帯の経済状態が厳しい。その結果、母子世帯の子どもの貧困問題が顕著に現れています。そしてそのような子どもたちの学力が相対的に低く、高校や大学への進学がままならず、貧困の連鎖から抜け出せない。しかし、そのような母子世帯への公的支援は限られていて、解決策にはなっていない。

 

こんな現実を見せられて、さて私達には何ができるのか。とても考えさせられます。全国の子ども食堂、学習支援などのボランティアの人たちがかなり熱心に活動しています。政府や行政が無策なら、市民レベルで何かやれることはないか、と行動する人たちが多いのです。私も2,3年前から地域の小学校の放課後学習ボランディアに行っています(現在は新型コロナで中断中)。特に小学校低学年の子どもへの支援が大事という本書の解説を読んで、改ためてそのボランティア活動の重要性を理解しました。本書の続編(『子どもの貧困 II』では、具体的に子どもの貧困問題の解決策を考えています。次も続けて読む予定です。

 

 

ホタルブクロ (キキョウ科・ホタルブクロ属)

2021年6月7日

 

f:id:yaswatercolor:20210607195115j:plain

 

ホタルが飛ぶ頃に咲くこの花の名前はホタルブクロ。キキョウの仲間です。『花おりおり』(湯浅・矢野著、朝日新聞社)によると、かつて子どもたちはこの花(特に白花)にホタルを入れ、幻想的な光を楽しんだそうです。最近はホタルが減りましたが、地域の努力でホタルが復活しているところも増えています。またいつか新型コロナが収まったらホタルを見に行きたいものです。

 

ホタルブクロは日本全土に分布します。野草(多年草)で、低山や草地、川の土手などに育ちます。赤紫と白色の花があります。栽培は容易です。

 

今日この花をスケッチすることになったのは、朝の散歩で通りかかったYさんの家の前で、Yさんから庭に植えてある花をいただいたからです。花や野菜を育てるのが上手な人で、先月はアスパラガスとシランをいただきました。いつも散歩していると何かいいことがあるものです。

 

スケッチしていると、ホタルブクロの花が何となく和紙で出来ているような錯覚をおぼえました。そんな風情と独特の質感をもつ花です。

 

今日のスケッチ

モンバルキャンソン水彩紙

鉛筆とホルベイン水彩絵の具

 

豆のカレー

2021年6月6日

 

f:id:yaswatercolor:20210606210024j:plain

 

たまたま妻が大豆をゆでていたので、それを使って豆のカレーを作りました。NHKテキスト『きょうの料理ビギナーズ』(2021年6月号)を参考にしました。

 

 

yaswatercolor.hatenablog.com

 

 

4人分用に、たまねぎ(1/2個)、にんにく1かけ、しょうが少々をみじん切りにします。鍋にオリーブオイルを入れて、にんにくとしょうがを中火で炒めます。香りがたったら、たまねぎを入れて更に炒めます。

 

たまねぎが透き通るぐらいになったら、牛肉の細切り150gを加えて炒めます。肉の色が変わったら、カレー粉大さじ1を加えて炒め、更に小麦粉大さじ1/2を加えて炒めます。

 

次に水カップ1とウスターソース大さじ1,トマトケチャップ大さじ1、砂糖小さじ1を加え、煮立ったら、ゆで大豆(+ミックスビーンズのドライパック)150gを加えます。ふたをして中火で15分煮ます。最後に塩こしょうで味を整えて出来上がり。

 

皿に盛ったご飯にレーズンを散らし、カレーを上からかけます(今日はレーズンは省きました)。とてもおいしい味でした。豆のカレーって、普段あまりやらないのですが、大豆のゆでたのがあったのでちょうどよかったです。家族に大好評でした。ミックスビーンズも今回初めてスーパーで買ってみました。50g袋入り。なかなか便利なものです。

 

今日はリピートでアボカドの黒こしょう炒めも作って、小皿に添えました。

 

作りやすさ★★★

栄養価★★★

美味しさ★★★

材料費★★★