わたしの水彩スケッチ日本紀行

水彩スケッチ、読書、そしてのんびり思索の旅

世界の旅

ロンドン ― 福島 ― 東京 そして 今の日本

2015年7月13日 ロンドンへの1週間の旅。留学時代の昔の友だちに35年ぶりに再会して、話のついでに私の水彩画を絵葉書にしたものをお土産として渡しました。 一番仲の良かったボブ君。今はマンチェスター大学の教授になっています。彼は日本語も読…

寒空の ロンドンの夏に スタバかな (ロンドン ケンジントン ホランドパーク水彩スケッチ)

2015年7月12日 今日はロンドンの旅の最終日です。午後4時にホテルにJTBの人が迎えに来てくれてヒースロー空港へ送ってくれるので、それまで自由時間です。ホテルを8時過ぎにチェックアウトして、荷物をホテルに預けて、水彩スケッチの道具を持って…

ターナーの 水彩 アトリエ テムズ川 (ロンドンテムズ川河畔散策 ロンドン街並み遠望 水彩スケッチ)

2015年7月11日 今回のロンドンの旅で期待していたことがあります。あのイギリスの風景画家ターナーのアトリエ兼住まいを見ること、そしてターナーの水彩画を見ることです。それで今日は、地図を片手にホテルから南方向のチェルシー地区を歩いてテムズ…

二階建てバス 安くて便利 いい眺め (ロンドン北部 イースト・フィンチレイの公園 水彩スケッチ)

2015年7月10日 昨日は朝から一日,大学で講演会があり,それに出席していました。今日から2日間はそれらの「仕事」から解放されて,いよいよロンドンの市内をスケッチする楽しい日です。 市内を見るには地下鉄に乗るかバスに乗るかどちらかですが,…

学生に 声を強めて 話しかけ (ロンドン インペリアルカレッジ Barber教授のシンポジウム)

2015年7月9日 ロンドンは朝から良い天気です。ホテルの窓から見ると朝日がロンドンの街並みを照らしています。この風景をスケッチに残そうと思い、F6の見開きに下書きを始めました。 今日はインペリアルカレッジで開かれるBarber教授の記念シンポジウ…

ロンドンは 夏でも朝晩 肌寒い (ロンドン ハイドパークとロイアルアルバートホール水彩スケッチ)

2015年7月8日 朝は携帯電話の目覚ましがいつものように5時に鳴り,寝不足なのですが無理やり起きました。携帯電話は便利で,自動的に海外の現地時間に表示が変わります。これは本当に助かります。腕時計も現地時間に合わせました。 海外に行ったとき…

いつもの旅 たまには外に 出てみよう (イギリス ロンドンの旅)

2015年7月7日 ロンドンに行くことになりました。一人旅ですが,JTBに6泊のホテルと往復の飛行機とヒースロー空港からホテルへの送迎を頼みました(パック旅行で搭乗員が付かない自由行動タイプ)。海外旅行を一人でする時に一番心細いのは,長旅の後…

バリの夜 最後の最後で 蚊にさされ (インドネシア バリ島 水彩スケッチ)

2014年9月 朝起きてみると、気分はかなり良くなっていました。Mさんが、「今日は実際どんなですか?」と心配そうに言われたので、すぐに「大丈夫、行けます!」と答えました。「よし!」とMさんも安心したようです。「これから7時に朝ごはんを食べて、すぐ…

ベッドにて 南方戦線 浮かびくる (インドネシア バリ島 水彩スケッチ)

2014年9月 インドネシア旅行4日目。昨晩からのひどい下痢で、今日はとてもあちこち動きまわるのは無理です。他の人達とは行動を別にして、私は一人で一日ヴィラの自分のベッドで休むことにしました。幸い、旅行の世話をして下さるMさんがヴィラ側と交渉し、…

ジャワ島の 歴史遺産を めぐる旅 (インドネシア ジャワ島 水彩スケッチ)

2014年9月 今日は朝5時半にホテル発でデンパサール空港に行き、飛行機でバリ島の西、ジャワ島に向かいました。ジャワ島はインドネシアをつくる島々の一つで、面積は日本の本州の半分位。しかし、人口は1億2400万人で世界一の人口をもつ島です(ちなみに世界…

ヤシの木だ 南の島に やって来た! (インドネシア バリ島 水彩スケッチ)

2014年9月 朝7時、昨晩からの浅い眠りから覚めると、窓の外には明るい日差しがありました。聞きなれない明るい鳥の鳴き声と、それに混じって、道を走るバイクの音。スミニャック地区のビーチに近いヴィラなのですが、昔からある豊かな自然の音と、現代の人々…

バリ島へ 期待と不安 混じる朝 (インドネシア バリ島 水彩スケッチ)

2014年9月 私が以前1年間お世話になった日本画のF先生のグループに加えて頂いて、バリ島への4泊6日の旅行に出かけました。岡山空港に朝8時集合なので、自宅からタクシーで空港へ。7時半過ぎには、参加者15名のほとんどがすでに集まっていました。今回旅行の…

ジェット機が ニースを離陸し 帰途につく (南フランス旅行 最終日)

2014年5月21日 朝早めにサン・トロペのホテルをバスで出発し、途中かなりの渋滞がありましたが、予定通りニース空港に着きました。ニースは映画祭が開催され空港が混雑しそうだとのことで、早めにチェックインしました。チェックインは自動チェックインの機…

船酔いの 果てに待ってた 極楽島 (南フランス ポール・クロ島 水彩スケッチ)

2014年5月20日 昨日はかなりの強風が吹き、海はやや荒れ模様でした。今日はポール・クロ島へ行くので船が揺れるのではないかと全員心配しながら、とにかくいつもより朝早くホテルを出て、ポール・クロ島行きの船がでる港へ向かいました。船は思ったより大き…

豪華船 金持ちウヨウヨ サン・トロペ (南フランス サン・トロペ 水彩スケッチ)

2014年5月19日 旅の初日にパリからマルセイユに来た時に空港に届かなかったスーツケースも2日後には無事届きました。運悪くフランス全土のストライキの日と重なり、スーツケースの輸送がおくれましたが、これでほっとしました。 今回の旅で前半の4日間はエ…

地中海の 風吹きあげて ミモザかな (南フランス ミモザ 水彩スケッチ)

2014年5月18日 南仏4日目はミモザの町です。温暖な気候を生かして、ミモザ、うちわサボテンやオーストラリア原産の植物、そのほか南方の植物が町を美しく彩っていることで有名です。植物が美しい町(村)として4つ星に選ばれているとか。バスが駐車場に着くと…

ここはさて フランス版の マチュ・ピチュか (南フランス レ・ボー・ド・プロヴァンス 水彩スケッチ)

2014年5月17日 エクス・アン・プロヴァンスからバスで西へ1時間、中世の城塞都市レ・ボー・ド・プロヴァンスに来ました。かつてアルピーユ山脈の岩山の上にあった城塞が昔のままで残されています。もちろん今は観光地になっているので、城塞の中にはレストラ…

セザンヌの 描いた山は 美しい (南フランス エクス・アン・プロヴァンス サント・ヴィクトワール山スケッチ)

2014年5月16日 エクス・アン・プロヴァンスのミラボー通りをスケッチした後、夕方、希望者でタクシーに乗りセザンヌのアトリエを訪れました。今は静かな住宅街の趣ですが、昔は多分何もない田舎の一軒家だったのかな、とおもわせるアトリエです。セザンヌ自…

プロバンス 人も日差しも 温かい (南フランス エスク・アン・プロバンス 水彩スケッチ)

2014年5月16日 今日はゆっくりホテルのあるエクス・アン・プロヴァンスの市内でスケッチです。時差の関係で朝3時頃から目がさめてしまい、ベッドのなかで、まだ届かないスーツケースのメーカー名を何とか思い出したりしながら、十分眠ったとは言えない状態で…

カーテンを 開けると そこはプロバンス (南フランス カシ(Cassis)水彩スケッチ)

2014年5月15日 エクス・アン・プロヴァンス到着の翌朝、短い眠りのあと7時のモーニングコールに起こされてホテルのカーテンを開けると、南フランスの朝の陽光がホテルの中庭を照らしていました。美味しいクロワッサンとハムとチーズとコーヒーの朝食を食べて…

いつもの旅 たまには外に 出てみよう (南仏プロバンスの水彩スケッチの旅)

2014年5月13日(火) 南フランスに行くことにしました。 旅の前夜、関東地方雨。出発前日は成田のホテルに泊まりました。建物が大きい割には宿泊客が少なくやや寂しい感じ。時間が十分にあるのなら、わざわざ成田のホテルを利用する人はいないかもしれません…