わたしの水彩スケッチ日本紀行

水彩スケッチ、読書、そしてのんびり思索の旅

科学の目で見た水彩画

夏の木立、よく見るとその緑色には濃淡の勾配があります!! (科学の目で見た水彩画)

2015年6月23日 この時期、野外スケッチをすると木々の緑や田んぼ、野原の緑に圧倒されます。最近は日毎に新緑の淡い緑が濃さを増して、「夏の緑」に近づいています。梅雨が明けるとこの緑のパワーが一層まして、絵描きには悩ましい季節です。緑を水彩…

絵の具で光を描くのはむずかしい!! (科学の目でみた水彩画)

2015年6月21日 「光を描く水彩画」などとよく言われます。フランス印象派の油絵画家達は、戸外にイーゼルを持ち出して、点描やはっきりと見える筆のタッチで、光をいっぱいに浴びた風景や人物を描こうとしました。これは当時革命的なことだったようで…