わたしの水彩スケッチと読書の旅

知の冒険? いえいえ、のんびり思索の旅です

カリカリチキンのねぎたれドレ

2021年7月15日

 

f:id:yaswatercolor:20210715193100j:plain

 

 

中華たれドレ(中華たれドレッシング)を使った鶏料理を作りました。『きょうの料理ビギナーズ』(2021年7月号)を参考にしました。

 

yaswatercolor.hatenablog.com

 

 

まず中華たれドレ(100ml)の作り方です。しょうがのすりおろし小さじ1、にんにくすりおろし小さじ1、しょうゆ大さじ2、酢大さじ2、ごま油大さじ2、砂糖大さじ1、みりん大さじ1/2をよく混ぜます。テキストには顆粒チキンスープの素小さじ1を更に加えると書かれていましたが、あいにく材料が無かったので入れませんでした。これで十分おいしいたれドレができました。

 

鶏もも肉を食べやすい大きさに切って塩とこしょうをすり込みます。フライパンにサラダオイル小さじ1を中火で熱し、鶏肉の皮側を下にして3〜4分焼きます。さらに裏返して2〜3分焼きます。この焼き方が結構難しいです。カリカリチキンにするにはコツがいると思いました。今回、年寄り向けに肉を小さく切りすぎたため、肉汁が沢山出てしまいました(テキストでは、鶏もも肉の大1枚を8等分切る)。

 

皿にレタスを敷き、その上に鶏肉を乗せ、貝割れ菜を盛り合わせます。最後に、中華たれドレ大さじ2〜4(適量)、ねぎのみじん切り、しょうがみじん切りを上からかけて出来上がりです。

 

カリカリチキンにはならなかったのですが、この中華味はとてもよかったです。全体がこのドレッシングとよく合います。

 

作りやすさ★★★

栄養価★★★

美味しさ★★★

材料費★★★