わたしの水彩スケッチと読書の旅

知の冒険? いえいえ、のんびり思索の旅です

今朝、田んぼの稲に花が咲いていました

2020年8月24日

 

f:id:yaswatercolor:20200824142733j:plain

 

朝の散歩道、すこし涼しい風がでて、何となく季節の変化を感じます。赤とんぼが飛び、セミの声もクマゼミからツクツクボウシに変わりました。いつもの散歩道を歩いて水田の横に出ると、稲に花が咲いているのを見つけました。ちょうどこの時期に咲くんですね。これが自家受粉して実になるわけです。

 

富山和子著「お米は生きている」(講談社)(小学校高学年向け)には、次のような記述があります。

 

yaswatercolor.hatenablog.com

 

 

「やがて夏、いねはぐんぐん成長し、大地は青一色にかわります。

 7、8月の夏のさかりに、いねは穂を出します。そしてある朝、とつぜんに、花がさくのです。

 いねの花を、あなたは見たことがありますか。

 いねの花は、長さ7ミリほどの、小さな小さな白い花です。いねもみの一つぶ一つぶに花がさき、水田いちめんが、まるでけぶるようなすがたです。

 いねの花のいのちはみじかく、さいてからほんの1、2時間でしぼみます。そのみじかい時間に花粉が雌しべにたどりつかねばなりません。

 しかも、花粉の寿命も2、3分なのです。

 なんと神秘的でしょう。

 いのちがみじかいということでは、まるでさくらの花のさきかたのようですね。

 小さな花で、水田がけぶるように見えるのも、さくらの花ににています。

 そういえば日本人は、さくらの花がだいすきです。「花」といえば、むかしはさくらの花を意味していたほどでした。

 なぜでしょう。

 そのひみつも、じつはお米にありました。さくらの花のさきぶりが、いねの花を思わせるからでした。

 その年の、お米のできぐあいを左右するいねの花。そのたいせつなたいせつな花ににているからこそ、いっそう、日本人はさくらを愛したのでした。

 そして春、いねの神がさくらの花となっておつかいにくる、と考えられたのです。

 さて、いねは花がさいてから1か月半ほどすると、実をつけます。1本のいなほに、100つぶから150つぶがみのります。

 やがてまもなく、みのりの秋がやってくるのです。」

 

まだまだ暑い夏ですが、少しずつ季節が動いています。散歩道で稲の成長を観察したいと思います。

 

f:id:yaswatercolor:20200824142929j:plain