わたしの水彩スケッチと読書の旅

知の冒険? いえいえ、のんびり思索の旅です

私の手にもたれかかる猫

2021年2月10日

 

岡山市は晴れ、最高気温12℃。だいぶ暖かくなりました。ちょっと外へ出ると「春は名のみの 風の寒さや」の歌のように、まだ時々吹く風が冷たいようです。

 

東京オリンピックパラリンピック組織委員会の森会長の女性差別ととられる発言で、オリンピックの開催自体が揺れています。IOCや各国のオリンピック委員会、各国のメディアの批判に加えて、各国の競技者からも会長発言に対して批判の声があがり、また東京オリンピックを支えるボランティアの人たちの一部にはボランティアを辞退する動きが出ています。

 

新型コロナの収束が厳しい状況で、今回の問題が出たことによって、オリンピックの開催がまたまた厳しくなったような気がします。国民の間でオリンピックを支援する気持ちが萎えてくるのが、一番厳しいでしょう。前回の東京オリピックを迎えた時に感じた高揚感・期待感が今回は残念ながら感じられません。世界中が新型コロナで苦しんでいる時に、この大会の開催は難しい気がします。オリンピック開催時に日本国民全員のワクチン接種が終わっていて、国民の安全が確保されていることが是非必要です。

 

今日は我が家の猫をスケッチしました。朝、私の手にもたれかかっているところを写真に撮り、それをもとに描きました。

 

f:id:yaswatercolor:20210210182550j:plain

 

今日のスケッチ

アルシュ水彩紙 粗目 SMサイズ

鉛筆とシュミンケ固形水彩絵の具